特定調停のメリット・デメリット

 

日勤の勤め人にとっては困難かも

 

債務整理の一つに特定調停という方法があります。

 

簡易裁判所の調停委員の方が仲介役になり、消費者金融などと交渉をして債務整理をしてくれるのです。

 

弁護士を依頼しないことが多く、低コストのメリットがありますが、デメリットはないのでしょうか。

 

特定調停とは、簡易裁判所の特定委員を仲介役にして行う債務整理の方法です。

 

自分が直接消費者金融などと対決するわけではありませんし、裁判所という公的機関が仲介するのでなんとなく安心感があるでしょう。

 

自分で必要な書類を用意し申請

 

特定調停の費用は1社920円と低コストに抑えられる債務整理なのです。

 

多重債務で5社ほどの消費者金融などを相手にする場合でも5千円弱ですからこの低コストが特定調停について最大のメリットと言えるのではないでしょうか。

 

簡易裁判所に自分で申請します。簡易裁判所は全国に400件以上あり、気軽に申請することができるのも大きなメリットでしょう。

 

申請用紙などは裁判所にありますし、最近は裁判所の人がかなり親切に書類作成の方法を教えてくれます。自分でできる債務整理として隠れた人気があるのもうなずけます。

 

費用は圧倒的に安いというメリット

 

このように特定調停はコストを抑えることができる点が最大のメリットです。

 

弁護士に任意整理を依頼すると1件4万から5万と言われていますから、それに比べるとバーゲン価格と言えるでしょう。

 

債務整理をする人はお金がないので、この低コストというメリットは大きなインパクトがあります。

 

直接自分が交渉する必要がないという点もあり、気軽に利用したいと思う人も多いようです。

 

特定調停のデメリットとは

 

思ったとおりにならない結果も

 

債務整理にはどの方法でも一長一短がありますが、特定調停もメリットばかりではありません。

 

実際に特定調停をしてみるといろいろとデメリットがあることがわかります。

 

自分で簡易裁判所に申請することはわかっていても、実際の調停日には自分も裁判所に行く必要があります。

 

自分が裁判所に行く必要があります

 

自分で必要書類を準備し裁判所に出向いて申請手続きをします。

 

また、後日、裁判所の調停委員に自分の実情を説明し、次に調停委員が消費者金融などに電話などで交渉を始めます。

 

裁判所なので平日昼間しか開いていないのは当然です。サラリーマンの方には結構ハードルが高いものと言えそうです。

 

調停委員は自分の味方とは限りません

 

また、調停委員の方は必ずしも自分の味方とは限りません。

 

調停委員の方は、両者の言い分を聞いて「話を付ける」ことが仕事です。どちらに偏ることなく、中立的な立場で判断をします。

 

ただ、調停委員の方によっては「借金は返済するのが当然」とばかりに説教をするような人もいらっしゃるようです。

 

これでは自分に有利な調停結果は望めません。

 

特定調停は話し合い故の欠点も

 

あくまで和解調停なので相手による

 

このように特定調停はメリットばかりではありません。調停委員によっては自分にとって不利な調停結果になりかねないのです。

 

もともと調停委員の方は弁護士が多いのですが、必ずしも債務整理の専門家ではありません。

 

場合によっては地元の有力者であることもあります。つまり「名誉職」のようなボランティアです。

 

特定調停に期待してはいけないと言われることがあるのはこんな理由でしょう。

 

着地点がどうなるか明確ではないのが不安

 

調停委員が債務整理に詳しくないと、どんな着地点に落ち着くかわかりません。

 

返済が難しいような返済プランを半ば強制されるようなこともあります。

 

当初契約とほとんど変わらないような結論になることもあるようです。

 

全ての弁護士が債務整理を得意としているわけではありません。

 

お医者さんと同じで「専門分野」があるのです。

 

決まった内容には強制力がある

 

しかし、特定調停で決着した内容は「和解調書」として明文化され、裁判の判決同様に強制力があります。

 

つまり、決まったスケジュール通りに返済できないと強制執行されるわけです。

 

通常は給料の差押などをするためには一度裁判などを起こす必要があります。

 

これに対し、強制力がある和解には裁判を改めて起こす必要はありません。

 

このように特定調停はリスクが高く、あまりお勧めできないと言われることが多いのです。

 

他の債務整理についても検討する余地は

 

他の方法も考えてみたい

 

特定調停は一見理想的な債務整理の方法ですが、このようにデメリットもあります。

 

現実に一時期は人気があったようですが、デメリットが表面化するとともに申請が激減しています。

 

現実に特定調停で債務整理を成功させた人は少ないのではないでしょうか。

 

専門家である弁護士に依頼した時は

 

このようにリスクの多い特定調停を選ぶより、弁護士に債務整理の相談をした上で自分にマッチした債務整理を提案してもらった方がいい事は間違いありません。

 

確かに弁護士費用は安くないでしよう。

 

しかし、弁護士に依頼することでスムーズに債務整理が進み、自分の立場に立って交渉をしてくれるのです。

 

特定調停とどちらがいいかは明白でしょう。

 

費用対効果で見ると弁護士費用は決して高くない

 

弁護士に依頼することで債務整理がスムーズに進むことを考えれば、必ずしも弁護士報酬が高いとは言い切れません。

 

また、弁護士が任意整理などの債務整理を受任すると、消費者金融などへの返済は一旦停止されます。

 

その間に弁護士に対する報酬を支払えばいいのです。

 

このように弁護士に債務整理を依頼することは決して難しくありません。

 

特定調停でリスクを抱えるより賢明な選択だと言えるのではないでしょうか。

借金滞納のトップページへ戻る借金を滞納している時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。
TOPへ