個人再生はメリットが大きい

 

個人再生で救われた家も

 

個人再生とは、わかりやすくひとことで言うと、裁判所を通じて債務元本を大幅カットし、3年から5年で完済する債務整理の方法です。

 

ただ手続きは、いくつかある債務整理の手続きの中では一番煩雑であり、債権カットを伴うため、債権者である消費者金融などとの厳しい交渉が必要です。

 

しかし債務整理を得意とする弁護士に依頼すれば間違いありません。

 

個人再生は、任意整理のように元本返済を条件にする債務整理ではなく、元本カットに踏み込んだ債務整理の方法です。

 

そのため、元本返済も難しいほど多額の債務を背負ってしまっても人生再出発のきっかけを作ることができます。

 

また、自己破産のようにすべての債務が消滅する代わりに、全ての財産を提供しなければいけないということはありません。

 

事情によって債務整理の対象外とする債務を設定することも可能です。

 

利息だけでなく元本が減る

 

個人再生は、元本カットに踏み込みますから利息だけでなく、元本も減ります。

 

自分の収入と債務残高を比較し、一生かかっても元本返済の見込みが立たないような場合には、個人再生を選択した方が現実的でしょう。

 

債権者である消費者金融や信販会社も、見込みがない返済をアテにするより一部でも返済してもらったほうが都合のいいこともあるのです。

 

整理する債務を選択できる

 

また、個人再生は債務の選択が可能です。

 

例えば、住宅ローンがある場合、これだけを個人再生の対象外として債務整理をすることができます。

 

住宅ローンがある人が自己破産をすると、住宅は競売に掛けられて家族は一気にホームレスですが、個人再生であれば住宅ローンの返済は継続できます。

 

つまり、マイホームだけは死守できるのです。

 

最大債務を9割カットできる

 

大幅な債務の圧縮を期待できる

 

では、個人再生をすることで自分の債務はいったいどの程度減るのでしょうか。

 

債務総額が500万円未満なら最大400万円の債務カットが期待できます。

 

債務総額が3,000万円未満なら最大2,700万円の債務カットが期待できます。

 

3千万を超えても、最大9割までの債務カットが期待できます。

 

個人再生はこれほどの大きな債務カットが期待でき、かつ住宅ローンを残すことができるというメリットがあるのです。

 

交渉は弁護士がしてくれます

 

ただ、必ずこの最大額だけ債務カットがされるとは限りません。

 

個人再生は自己破産と違い、自分が持っている財産を売り払う必要はありません。

 

しかし、どんな財産があるかは申告する必要があり、その内容によってはカット幅が縮小されます。

 

もっとも、この交渉は弁護士の役割ですから、自分は大船に乗ったつもりで交渉の推移を見ていればいいのです。

 

返済シミュレーションをします

 

もっとも、個人再生の手続中に何もしなくていいことはありません。

 

実際に個人再生が裁判所で許可が出たら返済がスタートしますが、毎月確実に返済できることを債権者に示す必要があります。

 

その手段として、家計簿をつけて実際に「返済可能資金」を預金に入金するという一種のシミュレーションを何か月かする必要があります。

 

このようにして返済可能額を算定するのです。

 

適用条件が広い

 

メリットが大きい債務整理方法

 

個人再生はこのように融通が利く債務整理の方法です。

 

また、返済ができなくなったことの理由はいろいろとありますが、その理由をあまり問われないことも個人再生の一つの特徴です。

 

ギャンブルでの負債もOK

 

消費者金融や信販会社が債務返済の滞った理由として一番嫌悪するのが「ギャンブル・異性」です。

 

これらが理由で借金が積み上がるのは、返済しようとする気がないからだと彼らは考えています。

 

しかし、自己破産では免責不許可理由になっても、個人再生では再生計画の不許可理由にはなっていません。

 

このような人が自分の行いを反省して人生再出発をしようとする場合にも、個人再生を利用することができます。

 

所有する宅地、住宅を残すことが可能

 

個人再生では、住宅ローンを残すことができます。

 

多くの場合、住宅ローンの残額より住宅の価値の方が低く、売却しても銀行以外の債権者にとっては全く意味がありません。

 

そのような理由もあり、住宅ローンは個人再生の対象から外して債務カットの交渉ができるのです。

 

住宅が残れば、家族そろって人生再出発ができるでしょう。

 

自宅を手放したくない方は一択の方法

 

マイホームを守ることができる可能性大

 

個人再生は債務整理の中では利用者が少ない方法だと言われています。

 

しかし、ここまで述べたようにメリットが多い債務整理です。

 

個人再生をスタートすると債務弁済もストップしますから、その資金で弁護士報酬の支払もできます。

 

どうしようか迷うより、まず頼りになる債務整理を得意とする弁護士に相談してはいかがでしょうか。

 

弁護士の相談料は債務整理の場合は無料であることが多いです。

 

出口のないトンネルはない

 

「出口のないトンネルはない」と言われることがあります。

 

辛い出来事があっても必ずどこかに出口があるのです。

 

そして、その出口を探し、そこに向かって歩き出すことができるかどうかは自分次第です。

 

個人再生という債務整理の方法は、大きな債務を背負ってしまった人にとって一つの「出口」です。

 

まず現状を相談したい

 

「出口」に向かって歩き出すためには道案内が必要でしょう。

 

その道案内をしてくれるのが債務整理を得意とする弁護士です。

 

自分の債務を全て話して、どうすれば良いのかアドバイスをもらうことが大切です。

 

悩むより、まず頼りになる弁護士への相談が大切ではないでしょうか。

借金滞納のトップページへ戻る借金を滞納している時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。
TOPへ