任意整理とはどういうことなのか?

 

任意整理はどういうことか聞いてみたい

 

任意整理とは、文字通り「任意」で債権者と債務者が相談して債務整理をすることです。

 

「任意」なのでうまくいくかどうかわからないと心配されるかもしれませんが、債務整理を得意とする弁護士であれば上手に話をまとめてくれるのでご心配なく。

 

任意整理とは、債務整理の一つの手法です。

 

債務者である自分と、債権者である消費者金融が弁護士を仲介役にして返済スケジュールを相談するのです。

 

消費者金融側も下手に断って自己破産されると債権が貸倒になりますが、元本だけでも返してもらえれば損失は発生しません。

 

自分だけのメリットではなく、債権者側のメリットもあるのです。

 

手続きは比較的短期間

 

このように弁護士を通じて消費者金融や信販会社に相談するわけですが、時間は余りかかりません。

 

大抵3か月程度で終わり、長くても半年程度で終了します。

 

任意整理は「任意」という言葉からわかるように、法律的な手続を介さずに話をまとめます。

 

裁判で言う「和解」と考えればわかりやすいでしょう。だから早いのです。

 

専門の弁護士なので安心

 

とはいえ、このような交渉を素人ができるはずがありません。

 

当然弁護士などの専門家に任せることになります。

 

債務整理を得意としている弁護士に依頼すれば、任意整理の交渉はスムーズに終わります。

 

任意整理の相手側となる消費者金融や信販会社も任意整理の経験があり、結論がわかっています。

 

お互い分かっている者同士なので交渉もスムーズです。

 

だから安心して任せることができるのです。

 

任意整理の着地点とは

 

任意誠意でどういう結果が得られる

 

では、任意整理を弁護士にお願いすると最終的にどのような着地点に達するのでしょうか。

 

任意整理を弁護士に依頼すると、交渉の結果「和解調書」という一種の契約書が作成されます。

 

その内容は、3年程度で債務元本の全額を返済するというものであり、その返済スケジュールが記載されているのです。

 

原則として元本は返済します

 

この和解調書は弁護士に任意整理をお願いして3か月程度で出来上がります。

 

ここに自分の実印を押し、弁護士に渡したら任意整理は終わりです。

 

後はスケジュール通りに返済を続けていけば完済の日を迎えます。

 

では、利息は一体どうなるのでしょうか。

 

和解調書の内容を簡単に述べると、3年で元本をすべて返済すれば、それまでの利息はすべて免除するとなっています。

 

完済したら利息も一気に免除

 

つまり、3年間元本返済を続け、完済すれば利息の支払も一切必要なくなるのです。

 

消費者金融もクレジットカードのリボ払いも利率が結構高いでしょう。

 

毎月の支払が多くても、元本が減らないのは利息しか支払っていなかったからです。

 

しかし、その支払資金が一気に元本返済に充てられれば、完済は難しくありません。

 

元本返済が基本的条件

 

元本は返してほしいと考えている

 

もっとも、任意整理は元本返済が一つの条件です。

 

そのため元本返済ができなければ任意整理を使うことができないのです。

 

任意整理は3年で元本を返済することが一つのルールです。

 

場合によっては5年まで伸ばすことができるケースもあるようですが、このあたりの判断は弁護士に相談する必要があります。

 

もし、3年、あるいは5年で完済できないような規模の借金を背負っている場合は残念ながら任意整理を使うことはできません。

 

任意整理が成立するのは、消費者金融などが「元本が戻れば損失は発生しない」と考えているからなのです。

 

元本返済ができなければ別の方法

 

しかし、元本返済が3年とか5年でできない場合もガッカリすることはありません。

 

この場合は別の方法で債務整理をすることができます。

 

法律に基づく個人再生や自己破産であれば、借金の元本カットに踏み込んだ債務整理ができます。

 

必ずしも債務整理の方法は任意整理だけではないのです。

 

無料相談を利用して可能性を聞いてみる

 

メールでも相談できる借金問題

 

このように債務整理の方法は任意整理だけではありません。

 

逆に、借金が多いから自己破産しか道がないと思い込んでいる人も、任意整理で可能な場合だってあるのです。

 

任意整理を含めた債務整理は自己判断でできるものではありません。

 

自分にとってベストの方法を将来のことも含めて「プロ」に判断してもらうことが一番大切でしょう。

 

債務整理を得意とする弁護士への相談が不可欠です。

 

相談してみる、話を聞いてみる

 

弁護士に相談したいけど相談料が必要だと思い込んでいる人も多いようです。

 

しかし、弁護士の初回相談は無料のことがほとんどです。支払ができないことは相手が承知しています。

 

一度債務整理を得意とする弁護士の事務所に電話をして相談してみてはいかがでしょうか。

 

一人で悩んでいても何も解決しません。

 

報酬は分割支払が可能

 

相談料が無料でも債務整理をしたら費用が必要ではないかと思われるかもしれません。しかし、これも心配いりません。

 

債務整理を取り扱っている弁護士は報酬を分割払いで受け取ってくれます。

 

一括払いができないことは十分承知していますし、任意整理の話がまとまれば支払がスムーズにできることも知っているからです。

 

また、任意整理が始まると弁済は一時的にストップします。

 

短い期間ですが、返済資金を弁護士報酬の支払に充てることも十分可能です。

借金滞納のトップページへ戻る借金を滞納している時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。
TOPへ